コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コジェ(巨済)島 コジェとうKǒje-do

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コジェ(巨済)島
コジェとう
Kǒje-do

韓国,キョンサンナム (慶尚南) 道南部の島。チンヘ (鎮海) 湾の入口に横たわる。面積 389km2で,韓国ではチェジュ (済州) 島に次いで大きい。北東部には標高 800m前後の山嶺があり,南西のコジェ湾沿岸は比較的低平である。米,オオムギ,ダイズを中心とする農業と,沿岸漁業が行われる。沿岸ではカキの養殖が盛ん。オクポ (玉浦) 湾にオクポ,チャンギ (場基) などの船着場があり,東岸の小湾にのぞんで島の中心地であるチャンスンポ (長承浦) 邑がある。気候は温和で近海は好漁場になっている。近年造船工業団地が建設された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コジェ(巨済)島の関連キーワードキョンサンナム(慶尚南)道キム・ヨンサム(金泳三)ハルリョ(閑麗)水道チュンム(忠武)市

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android