コジェ(巨済)島(読み)コジェとう(英語表記)Kǒje-do

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コジェ(巨済)島」の解説

コジェ(巨済)島
コジェとう
Kǒje-do

韓国,キョンサンナム (慶尚南) 道南部の島。チンヘ (鎮海) の入口に横たわる。面積 389km2で,韓国ではチェジュ (済州) 島に次いで大きい。北東部には標高 800m前後の山嶺があり,南西のコジェ湾沿岸は比較的低平である。米,オオムギ,ダイズを中心とする農業と,沿岸漁業が行われる。沿岸ではカキ養殖が盛ん。オクポ (玉浦) 湾にオクポ,チャンギ (場基) などの船着場があり,東岸の小湾にのぞんで島の中心地であるチャンスンポ (長承浦) がある。気候は温和で近海は好漁場になっている。近年造船工業団地が建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android