コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨済島 キョサイトウ

デジタル大辞泉の解説

きょさい‐とう〔‐タウ〕【巨済島】

大韓民国中南部、慶尚南道にある同国第2の島。面積389平方キロメートル。漁業の基地。造船業が盛ん。コジェド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

巨済島【きょさいとう】

韓国,慶尚南道の南端にあり,朝鮮第2の島(389km2)。付近の島を合わせて巨済郡を形成していたが,現在は島全体が巨済市。漁業の中心地であるが,玉浦造船工業団地を中心に製造業も盛んになってきた。
→関連項目鎮海(韓国)統営

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょさいとう【巨済島 Kŏje‐do】

韓国南東部,南海中の島。最高部555m,面積389km2。済州島に次ぐ韓国第2位の大きさ。人口15万5590(1995)。水田4800ha,畑地2600haと耕地に恵まれ,住民の大多数は農業に従事している。また,城浦,長承浦などの漁港を基地としてタチウオ,タラなどの近海漁業,カキやエビなどの養殖業を営む半農半漁漁民も少なくない。狭い海峡を隔てた固城半島とは全長740mの巨済大橋(1971年完成)によって結ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょさいとう【巨済島】

コジェド【巨済島】

朝鮮半島の南東端、鎮海湾にある島。韓国領。近海はイワシの好漁場。きょさいとう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨済島
きょさいとう

コジェ(巨済)島」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巨済島
きょさいとう / コジェド

韓国(大韓民国)第二の島。南海岸、鎮海湾(ちんかいわん/チンネマン)口にある。面積399.51平方キロメートル。本島を含み60個の島(有人10、無人50)で慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)巨済市を構成する(巨済市の人口16万7231、2000)。気候が温和で、避寒・避暑の適地である。島内には丘陵地が多く、平地は海岸部にわずかに分布する。漁港である長承浦が本島の中心地。気候が温暖なうえに降水量も多いので食料の自給が可能であり、ユズ、タケノコ、パイナップルなどの栽培が行われている。沿岸ではカキ養殖が盛ん。大宇、三星などの造船所があり、韓国造船工業の中心地でもある。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

巨済島の関連キーワードキョンサンナム(慶尚南)道キム・ヨンサム(金泳三)ハルリョ(閑麗)水道チュンム(忠武)市キョンサンナムド豊臣秀勝(1)毅宗[高麗]鎮海(韓国)応永の外寇ホ・ナムギ朝鮮半島藤堂高虎コジェ島金 泳三朝鮮海峡戸田勝隆羽柴秀勝朴 赫文筑羅が沖イワシ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巨済島の関連情報