コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コジャアフメドヤサウィ廟 コジャアフメドヤサウィビョウ

デジタル大辞泉の解説

コジャアフメドヤサウィ‐びょう〔‐ベウ〕【コジャアフメドヤサウィ廟】

Qoja Axmet Yassawï kesenesiҚожа Ахмет Яссауи кесенесі》カザフスタン南部、南カザフスタン州の都市トゥルキスタンにある霊廟。12世紀のイスラム神秘主義者、詩人であり、遊牧民への布教に務めたアフメド=ヤサウィ(アフマド=ヤサウィ)を祭る。14世紀末にチムールにより建造。トルコ石で装飾された高さ約44メートル、直径約22メートルのドームをもつ。中央アジア最大級のイスラム建築の一つとして知られる。2003年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ホジャ‐アフマド‐ヤサウィ廟。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コジャアフメドヤサウィ廟の関連キーワードホジャアフマドヤサウィ廟

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android