コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスト回収原油 コストかいしゅうげんゆcost recovery oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コスト回収原油
コストかいしゅうげんゆ
cost recovery oil

生産物分与方式において投下資本ならびに操業費の回収に充当される原油。通常は年間の生産原油量の一定割合を上限として,その売上額をコスト回収に充当し,コスト回収後の全売上げを産油国と石油会社側が契約に定めた割合で配分する。したがって石油会社側はコスト回収額に相当する原油量と,コスト回収後の配分による原油量との合計量を取得することとなる。コスト回収の上限を定める割合を,生産レベルに応じて変化させている契約もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone