コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタルディ コタルディcotehardie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コタルディ
cotehardie

コトハーディともいう。 14~15世紀にかけて西洋の男女が着用した上体部にぴったりした表衣。元来は奇抜な表衣の意で,男性用は腰丈であるのに対し,女性用は床丈で,ウエストを細めてあるのが特色。袖口にはティペット tippetという長い垂れ布の飾りがついたりした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコタルディの言及

【袖】より

…中世のコットダルマティカなどのチュニックは身ごろと続けて織られた袖であり,また,手首にかけてぴったりした袖や手首に向かって広がった袖などが現れた。コットの上に着用されるシュルコという外衣や,コタルディcotardieと呼ばれるコットの変り型などは,下着のぴったりした袖に対し装飾的で,袖口が細長く垂れたり,ティペットというひも状の袖飾をつけたりした。一般に上着の袖は幅広で,袖口から下着の袖が見えていた。…

※「コタルディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コタルディの関連情報