コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コチョウラン(胡蝶蘭) コチョウランPhalaenopsis aphrodite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コチョウラン(胡蝶蘭)
コチョウラン
Phalaenopsis aphrodite

ラン科の常緑多年草フィリピン,台湾にかけて自生する。湿った岩壁などに気根を出して着生し,幅の広い披針形の葉を互生する。葉は厚く,濃い緑色で裏面は紫色を帯びる。湾曲した長い花茎を伸ばし,総状に雪白色の花を多数つけて美しい。花被片は丸く,大きく,特に唇弁は深く3つに分れ黄色と赤の斑点がある。観賞用に温室で栽培される。この種のほか,同属の種類は熱帯アジアに多く,園芸品となっているものも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報