コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッコリス軟泥 コッコリスなんでいCoccolith ooze

1件 の用語解説(コッコリス軟泥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッコリス軟泥
コッコリスなんでい
Coccolith ooze

海洋の表層にすむ,微小な浮遊性単細胞植物である石灰藻類ココリソフォアの石灰質骨格が,集積して生じた遠洋性堆積物ヨーロッパの白亜紀のチョーク (白亜) にはこれに相当するものがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコッコリス軟泥の言及

【石灰質軟泥】より

…しかし,石灰質軟泥には62μm以下の粒子が大部分である場合が少なくない。したがって,細粒石灰質軟泥をコッコリス軟泥coccolith oozeと呼び,粗粒のものを有孔虫軟泥と呼ぶのが適切である。現世の石灰質軟泥は有孔虫軟泥が多く,更新世の氷期や第三紀のものはコッコリス軟泥が多いようである。…

※「コッコリス軟泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone