コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠洋性堆積物 えんようせいたいせきぶつpelagic sediment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠洋性堆積物
えんようせいたいせきぶつ
pelagic sediment

沿岸から遠く離れた大洋底に分布する深海堆積物。大陸近辺と異なり堆積速度はきわめて遅い。おもにプランクトンの遺骸,宇宙塵火山灰などでできていて,遺骸を主とする軟泥と遠洋性粘土に分けられ,遠洋性粘土は赤粘土で代表される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

遠洋性堆積物

もとはブロニアールが中生代堆積岩に与えた名称であるが[Brongniart : 1827],後には陸から物質の供給が少ないか全くない深海堆積物という意味の語として使用された[Lyell : 1835].ギリシャ語のpelagosは海の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone