コットン・ウェイ

デジタル大辞泉プラスの解説

コットン・ウェイ

真岡鐵道が運行する鉄道路線「真岡鐵道真岡線」の愛称。茨城県筑西市の下館駅から栃木県芳賀郡茂木町の茂木駅を結ぶ。土日祝日などに蒸気機関車が運転される。名称は機関車の走る音が「コットン、コットン」と聞こえることと、同地域が江戸時代から木綿の産地として有名であることにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android