コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コツウォルド丘陵 コツウォルドきゅうりょう Cotswold Hills

1件 の用語解説(コツウォルド丘陵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コツウォルドきゅうりょう【コツウォルド丘陵 Cotswold Hills】

イギリス,イングランド西部のグロスターシャーを中心に広がる丘陵地帯。〈コッドCod(人名)の森〉を意味し,単にコツウォルズとも呼ばれるブリストルエーボン川中流から北東へ,チャーウェル川上流まで全長約90kmにおよび,平均標高は約200mで,最高点のクリーブ・クラウド山でも330mにすぎない。ドーセットシャーからヨークシャーまでつづくジュラ紀ケスタ崖の一部をなすため,おもに石灰岩から構成され,テムズ川水系とセバーン川水系の分水嶺をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コツウォルド丘陵の関連キーワードイギリス東インド会社グロスターグロスター大聖堂イギリス国教会イギリスオランダ戦争モートンインマーシュレックハンプトンスターリング(Sterling)イギリス鞍 (English saddle)カトラーアンドグロス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone