コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトシュ遺跡 コトシュいせきKotosh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトシュ遺跡
コトシュいせき
Kotosh

ペルーのアンデス地帯,現在のワヌコ市から 5km離れた河畔にある古代遺跡。 1960~69年,東京大学学術調査団によって発掘され,約前 2000~200年にかけて栄えた6つの文化の様相が明らかにされた。特に最古層の手の浮彫をもつ神殿無土器時代の建物として注目され,そのほかアンデスにおける農耕文明の発達過程を知るうえでの貴重な資料が多数発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コトシュ遺跡の関連キーワード泉 靖一ペルー

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android