河畔(読み)かはん

精選版 日本国語大辞典「河畔」の解説

か‐はん【河畔】

〘名〙 川のほとり。河辺岸。
兵範記‐保元三年(1158)一〇月一七日「臨、新構餝台、為船寄」 〔文選‐古詩十九首〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「河畔」の解説

【河畔】かはん

河のほとり。〔古楽府、飲馬長城窟行〕たり、河 緜緜(めんめん)としてを思ふ 、思ふべからず 宿昔、に之れを見る

字通「河」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android