コビリャン(英語表記)Covilhã, Pero da

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コビリャン
Covilhã, Pero da

[生]1450頃
[没]1525以後
ポルトガルの旅行家。国王ジョアン2世 (完全王) の命を受け,1487年アフォンソ・デ・パイバとともに香辛料の通商路とプレスター・ジョンの支配するという伝説 (→司祭ジョン伝説 ) のキリスト教国についての確実な情報収集に出発。アデンでパイバと別れ,インドにおもむいた。のちアビシニア (エチオピア) に渡り,再び帰らなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコビリャンの言及

【ポルトガル】より

… 鉱業ではタングステン,大理石,石灰石がおもな資源であるが,その埋蔵量は少ない。工場地帯はブラガからセトゥバルに至る海岸線,ことにポルトとリスボンの周辺に集中し,内陸では毛織物工業のコビリャンCovilhã,繊維・化学・パルプ・製紙工業のトレス・ノバスTórres NovasとトマルTomar,およびアブランテスAbrantesとを結ぶ三角地帯が挙げられる。最近,南部のシネスSinesに石油精製・化学工業を中心とする一大コンビナートが建設された。…

※「コビリャン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android