コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出発 シュッパツ

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐ぱつ【出発】

[名](スル)
目的地に向かって出かけること。出立(しゅったつ)。「朝五時に山小屋を出発する」
物事を始めること。また、その始まり。「新会社として出発する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

出発

1967年製作のベルギー映画。原題《Le Départ》。監督:イエジー・スコリモフスキ、出演:ジャン=ピエール・レオ、カトリーヌ・イザベル・デュポール、ジャクリーヌ・ビルほか。第17回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞。

出発

東海テレビ制作、フジテレビ系列放映による日本の昼帯ドラマ。1970年9月~1971年1月放映(全75回)。出演:渡辺文雄、高森和子、岸久美子ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅっぱつ【出発】

( 名 ) スル
目的地へ向かって出かけること。出立しゆつたつ。 「次の訪問地へ向かって-する」 「タビジニ-スル/ヘボン 三版
物事の始まり。 「新家庭の-を祝う」 〔明治初期につくられた語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出発の関連キーワードティーグラウンド其れはともあれスタートラインスターティング事なきを得るデパーチャーねばならぬ恋愛結婚原点回帰スタート途に就く山小屋出発地出立点夜立ち発ち際出発点新紀元昼立ち再出発

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出発の関連情報