コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コフスハーバー コフスハーバーCoffs Harbour

2件 の用語解説(コフスハーバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コフスハーバー
Coffs Harbour

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州北東岸の町。ニューカッスルの北 400kmに位置。バナナ栽培と海浜保養観光地で知られる。人口1万 8074 (1984) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コフス‐ハーバー(Coffs Harbour)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州北東部の町。タスマン海に面する。海岸保養地であり、バナナの産地としても有名。西方約60キロメートルのところに、1986年「オーストラリアゴンドワナ多雨林群」の名称で世界遺産自然遺産)に登録されたドリゴ国立公園がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コフスハーバーの関連情報