コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブド

百科事典マイペディアの解説

コブド

ホブド

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

コブド【Kobdo】

モンゴル国西部の都市。交通の要衝。1730年清朝が外蒙古支配の拠点として建設。科布多。旧称ジルガラント。ホブド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コブド

ホブド」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コブド
こぶど
Kobdo

モンゴル西部の都市ホブドの別称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコブドの言及

【ホブド】より

…モンゴル西部のホブド・アイマク(アイマクとは日本の府県に当たる)の中心都市。コブドともいう。古くからホブドと呼ばれ,人民共和国成立後ジルガラントと改称されたが,今は旧名のホブドに戻っている。…

※「コブド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コブドの関連キーワードタルバガタイ(塔爾巴哈台)条約ツァスト・ボグド山烏里雅蘇台将軍アマヅルコブド要衝甘蔓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android