コブド

大辞林 第三版の解説

コブド【Kobdo】

モンゴル国西部の都市。交通の要衝。1730年清朝が外蒙古支配の拠点として建設。科布多。旧称ジルガラント。ホブド。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のコブドの言及

【ホブド】より

…モンゴル西部のホブド・アイマク(アイマクとは日本の府県に当たる)の中心都市。コブドともいう。古くからホブドと呼ばれ,人民共和国成立後ジルガラントと改称されたが,今は旧名のホブドに戻っている。…

※「コブド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android