コブラン(読み)こぶらん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コブラン
こぶらん / 昆布蘭
[学]Ophioderma pendulum (L.) Pr.

ハナヤスリ科の常緑性シダ。葉は帯状、長さ1メートル、幅4センチメートルほどで垂れ下がり、先が叉(さ)状に分枝することもある。胞子葉は棒状で10センチメートル、葉面から分出する。種子島(たねがしま)以南の森林の樹上にまれに着生する。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコブランの言及

【ハナヤスリ(花鑢)】より

…20~30種が世界中に分布し,日本でも数種が広く分布する。ハナヤスリの仲間に近いコブランOphioglossum(=Ophioderma) pendulum L.は亜熱帯林の樹上に着生し,葉身は長いものでは1mにもなり,1~3回分裂して垂れ下がる。【加藤 雅啓】。…

※「コブラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android