帯状(読み)おびじょう

精選版 日本国語大辞典「帯状」の解説

おび‐じょう ‥ジャウ【帯状】

〘名〙 (形動) 帯をのばしたような形状。ある幅をもって細長くのびている形。
※漆胡樽(1950)〈井上靖〉三「移動前夜の酒宴の酒が、今もなほ一枚の帯状のしみとなって残ってゐるとは」

たい‐じょう ‥ジャウ【帯状】

〘名〙 帯のように細長い形。おび状。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「帯状」の解説

おび‐じょう〔‐ジヤウ〕【帯状】

帯を広げたような形状

たい‐じょう〔‐ジヤウ〕【帯状】

帯(おび)のように一定があって細長く続く。おびじょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android