コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胞子葉 ほうしようsporophyll

翻訳|sporophyll

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胞子葉
ほうしよう
sporophyll

普通葉に対し胞子を形成する葉のこと。実葉,芽胞葉ということもある。シダ植物では,大部分の成熟した葉は胞子葉であり,大胞子葉小胞子葉に区別される。被子植物では心皮おしべ (雄ずい) がこれに相当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしよう【胞子葉 sporophyll】

実葉ともいう。胞子囊を生じる葉または葉的器官。普通葉と同じく,茎の側生器官である。普通葉と同形のもの(トウゲシバ,ワラビなど)もあるが,普通は多少とも異なる(ヒカゲノカズラトクサゼンマイイヌガンソク,水生シダなどのシダ植物,種子植物)。イワヒバ,ミズニラ,種子植物など異形胞子をもつ植物では大胞子葉と小胞子葉がある。トクサ,イチョウなどの独特な形をしたものはしばしば胞子囊托とよばれる。種子植物の胞子葉は最終的に種子または粉をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしよう【胞子葉】

胞子を生じて生殖にあずかる葉。狭義にはシダ植物類の胞子をつける葉をいうが、広義には被子植物の雌しべ・雄しべもこれに含めていう。実葉。 ↔ 栄養葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胞子葉
ほうしよう

胞子を形成する機能を有する葉の総称で、実葉ともいい、栄養葉(裸葉)の対語。同形胞子(大きさのうえで雌雄性の区別がない胞子)を生じる大多数のシダ類では、胞子葉と栄養葉との間に形態的、機能的差異があまり顕著でない場合が多い。このような胞子葉は、葉緑体をもち、胞子散布後は栄養葉としての機能を果たすものが多いので、栄養胞子葉とよばれる。同形胞子を生じるシダ類でも、ゼンマイ科、ハナワラビ科、キジノオシダ科、シシガシラ属などでは、胞子葉と栄養葉とが分化しており、胞子葉は胞子散布後に枯れるか、または葉としての機能を失う。異形胞子(雌雄性によって大きさなどに区別がある胞子)を生じるシダ植物では、大胞子のみを生じる大胞子葉、小胞子のみを生じる小胞子葉とが区別される。これらは、それぞれ種子植物の心皮(しんぴ)と雄蕊(ゆうずい)に相当する。またコンブ類の一部では、真正の葉ではないが、生殖細胞群を生じる葉状体の部分を胞子葉とよぶことがある。[安田啓祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胞子葉の関連キーワードオオバノイノモトソウ(大葉の井の許草)ホソバシケシダ(細葉湿気羊歯)ナツノハナワラビ(夏の花蕨)ヤマドリゼンマイ(山鳥薇)コウヤワラビ(高野蕨)クサソテツ(草蘇鉄)ヤマソテツ(山蘇鉄)シシガシラ(獅子頭)タチシノブ(立忍)ミズワラビ(水蕨)ハナヤスリ(花鑢)マメヅタ(豆蔦)ヤマドリゼンマイおしべ(雄蕊)フロリダソテツイノモトソウコウヤワラビスジヒトツバビカクシダミズワラビ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android