コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コペルニクス・クレータ コペルニクス・クレータCopernicus Crater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コペルニクス・クレータ
Copernicus Crater

月の北緯 10°,西経 20°にあるクレータ。直径 91km,深さ 3.3km。このクレータから放射状に光条が出ている。ティコと並んで最も目立つクレータの一つ。 1969年 11月アポロ 12号はこのクレータから出ている光条の上に着陸,鉱物の調査を行なった。これによれば,このクレータは現在から約9億年前につくられたもので,月の他の部分に比べずっと新しいものであることが明らかになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android