コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着陸 チャクリク

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐りく【着陸】

[名](スル)飛行機が降下し、地上に降りること。「定刻に着陸する」「離着陸」⇔離陸

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくりく【着陸】

( 名 ) スル
飛行機などが地上に降りること。 ↔ 離陸 「無事-した」 「胴体-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の着陸の言及

【飛行機】より

…これに反しそれぞれに最小速度が決まっていて,それ以下の速度では飛ぶことができないのは,飛行機のもつ致命的な欠陥といえる。
[離陸および着陸と失速速度]
 飛行機は最小速度以上の速度でなければ飛ぶことができないので,離陸の場合は,静止の状態から離陸に適する速度まで加速するために,地上を滑走する必要がある(垂直離着陸機は除く)。また着陸のときも,適当な速度で進入してきて接地し,減速停止するまでに地上滑走をしなければならない。…

※「着陸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

着陸の関連キーワードエマージェンシーランディングピンポイントランディングトループ・トランスポートテクニカルランディングマイクロ波着陸装置ハードランディングエマージェンシー緊急ランディングランディングギアドラッグシュートゴーアラウンドランドフォール盲目着陸装置RAPCONタッチ&ゴーグライドパスランディングダイバートシャンツェ無着陸飛行

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着陸の関連情報