コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コボル コボル COBOL; common business-oriented language

3件 の用語解説(コボルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コボル
コボル
COBOL; common business-oriented language

コンピュータのプログラム言語の一種で,事務計算用の共通語。中型以上のほとんどのコンピュータで使用されている。 1959年にアメリカ国防省の後援によって,コンピュータ製造業者と利用者によるデータ組織言語協議会 CODASYLで開発され,その後,改良が重ねられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コボル【COBOL】

プログラム言語の一。英語に近い記述形式をもつ。事務用のデータ処理に用いられる。

コボル【COBOL,cobol】

〖common business oriented language〗
コボル

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コボルの関連キーワードcomm(コム)commゼビウスリザレクションナムコミュージアム.comm白粒岩状組織

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コボルの関連情報