コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コボル COBOL; common business-oriented language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コボル
COBOL; common business-oriented language

コンピュータのプログラム言語の一種で,事務計算用の共通語。中型以上のほとんどのコンピュータで使用されている。 1959年にアメリカ国防省の後援によって,コンピュータ製造業者と利用者によるデータ組織言語協議会 CODASYLで開発され,その後,改良が重ねられた。 68年にアメリカ規格 COBOL68が,72年国際規格ができ,その後数度の改訂が行われた。日本では一部をかな文字で書くカナコボルができている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

コボル【COBOL】

プログラム言語の一。英語に近い記述形式をもつ。事務用のデータ処理に用いられる。

コボル【COBOL,cobol】

〖common business oriented language〗
コボル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コボルの関連キーワードcommon business oriented languageホッパー(Grace Murray Hopper)クリストファー スターシェフオフィスオートメーションオブジェクトプログラム高級言語コンピュータマイクロコンピュータG.M. ホッパープログラミング言語ソースプログラムフロー・チャートエレクトロニクスコンパイラー言語手続き型言語第四世代言語トポロジーデータ処理R. トムコンパイラプログラム

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android