数度(読み)スド

デジタル大辞泉の解説

す‐ど【数度】

数回。たびたび。すうど。
「変な男が有ったものだという観念を―繰り返した」〈漱石・彼岸過迄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すうど【数度】

二、三度から五、六度程度の数。数回。数次。 「 -にわたる交渉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すう‐ど【数度】

〘名〙 三~四度、五~六度ぐらいの度数をばくぜんという語。古くは「すど」。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一〇「四月以来数度(スウド)の苦戦に場数に慣たる者なれば」

す‐たび【数度】

〘名〙 たびたび。しばしば。数回。すど。すうど。
※サントスの御作業(1591)二「ハヤ sutabi(スタビ) ノ カシャク ニ ヲンチカラ ツキ タマウ ガ ユエニ」

す‐ど【数度】

※今昔(1120頃か)二六「草深く入にければ、数度(すど)射といへ共〈略〉此兎を迯して」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「此年までは、数度(スド)の黜陟(じしん)にも震残(ゆりのこ)されて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数度の関連情報