コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミューター航空

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コミューター航空

地方都市間や離島路線など、短距離を小型飛行機によって定期に運行する地域航空輸送のことをいう。国によって定義は異なる。日本では「コミューター用の航空旅客機は60席以下の機種」という規定がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コミューター‐こうくう〔‐カウクウ〕【コミューター航空】

commuterは、定期券利用の通勤者の意》小型航空機による短距離航空便。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コミューター航空【コミューターこうくう】

大都市と中小都市または中小都市同士の間を結ぶ地域航空サービス。乗客数は60以下とされるが,多くが10〜30人乗り程度の小型飛行機を使用。1960年代米国で始まり,日本でも1980年代に入り離島路線などで活発化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

コミューターこうくう【コミューター航空】

地方都市間などの短距離を数十人乗りの小型航空機により定期的に運航する航空輸送サービス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報