コミューター航空

  • コミューターこうくう
  • コミューターこうくう〔カウクウ〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

地方都市間や離島路線など、短距離を小型飛行機によって定期に運行する地域航空輸送のことをいう。国によって定義は異なる。日本では「コミューター用の航空旅客機は60席以下の機種」という規定がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大都市と中小都市または中小都市同士の間を結ぶ地域航空サービス。乗客数は60以下とされるが,多くが10〜30人乗り程度の小型飛行機を使用。1960年代米国で始まり,日本でも1980年代に入り離島路線などで活発化した。コミューターcommuterは〈通勤者〉の意。→事業航空コミューター輸送機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

地方都市間などの短距離を数十人乗りの小型航空機により定期的に運航する航空輸送サービス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android