コモディティースワップ(英語表記)commodity swap

デジタル大辞泉の解説

コモディティー‐スワップ(commodity swap)

エネルギーや非鉄金属などの商品価格を対象とするスワップ取引商品スワップ
[補説]例えば、原材料として石油製品を調達する企業金融機関とスワップ取引を締結する場合、企業は金融機関に対して、あらかじめ取り決めた固定価格を支払い、金融機関は企業に対して、特定の原油価格指数と連動した変動価格を支払う。これによって、ワップの売り手となる企業は価格変動リスクを回避し、固定価格で原材料を調達できる。一方、スワップの買い手となる金融機関は、固定価格が変動価格を上回っている限り、利ざやを稼ぐことができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android