コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルヌビア岩 コルヌビアがんcornubianite

岩石学辞典の解説

コルヌビア岩

黒雲母,石英,斜長石正長石を主成分とする細粒ホルンフェルス.最初に花崗岩に隣接する岩石として記載されたもので,暗青色から紫色に変化する色合いを示し,時に細片状や細長片状で雲母が光ることもある[Boase : 1832].電気石石英雲母片岩[Bonney : 1886].コルヌビア(Cornubia)は英国のコーンウォール(Cornwall)の古いローマ名.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

コルヌビア岩の関連キーワード黒雲母

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android