コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルベ反応 コルベはんのうKolbe reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルベ反応
コルベはんのう
Kolbe reaction

(1) コルベ=シュミット反応ともいう。フェノールのアルカリ金属塩に二酸化炭素を加圧下で作用させ,フェノールカルボン酸を合成する反応 (たとえばフェノールからサリチル酸) 。 (2) 脂肪酸塩類の電解酸化により炭化水素を生成する反応。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android