コルム トビーン(英語表記)Colm Toibin

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
作家

国籍
アイルランド

生年月日
1955年5月30日

出生地
ウェクスフォード州エニスコーシー

学歴
ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン

受賞
アンコール賞〔1993年〕「ヒース燃ゆ」,E.M.フォスター賞〔1995年〕,コスタ賞(小説部門)〔2009年〕「ブルックリン

経歴
祖父はアイルランド独立運動の活動家。熱心なカトリック信徒として少年時代を過ごす。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで歴史と英文学を学び、卒業直後にバルセロナへ渡って英語学校で教える。その後、南米へ渡り、アルゼンチンなどで暮らした。雑誌「マギル」「イン・ダブリン」編集主幹、新聞「Sunday Independent」レギュラー寄稿者を経て、1980年代後半に最初の小説「南部」を書き、’90年に出版。以後、作家として活動し、現代アイルランドを代表する作家の一人となる。他の著書に「ヒース燃ゆ」(’93年)、「ブルックリン」(2009年)、「マリアが語り遺したこと」(2012年)、ノンフィクション十字架のしるし」「バルセロナに捧げる」など。早い時期から自分が同性愛者であることを公にしている。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android