コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロナ質量放出 コロナシツリョウホウシュツ

デジタル大辞泉の解説

コロナ‐しつりょうほうしゅつ〔‐シツリヤウハウシユツ〕【コロナ質量放出】

太陽のフレアなどに伴い、突発的に大量のプラズマを惑星空間へ放出する現象。通常の太陽風の2倍近い速度で伝播し、地球の磁気圏に衝突して磁気嵐などを引き起こすことが知られている。CME(coronal mass ejection)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

コロナ質量放出の関連キーワード宇宙天気予報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android