コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロナ質量放出 コロナシツリョウホウシュツ

デジタル大辞泉の解説

コロナ‐しつりょうほうしゅつ〔‐シツリヤウハウシユツ〕【コロナ質量放出】

太陽のフレアなどに伴い、突発的に大量のプラズマを惑星空間へ放出する現象。通常の太陽風の2倍近い速度で伝播し、地球の磁気圏に衝突して磁気嵐などを引き起こすことが知られている。CME(coronal mass ejection)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

コロナ質量放出の関連キーワード宇宙天気予報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android