コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽風 たいようふうsolar wind

翻訳|solar wind

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽風
たいようふう
solar wind

太陽コロナから吹出すプラズマの流れ。おもに陽子電子から成る。地球軌道近傍 (太陽から約 1.5×108km 離れた地点) では太陽風に含まれる陽子 (電子) の数は1~10個/cm3で,その速度は 350~700 km/s である。したがって陽子や電子が 1cm2の面積を1秒間に通り抜ける数は 108~109 個にも達する。このような粒子の流れのため,彗星の尾が太陽と反対方向に流されたり,地球の磁気圏の形が変えられたりする。太陽がこのようなプラズマ流を放出しているという考えは 20世紀の初めからあったが,現在太陽風と呼んでいるようなプラズマ流が理論的に導かれたのは 1958年 E.パーカーによる。その後太陽風は宇宙ロケットによって直接に測定されるようになり,太陽風は惑星間空間磁場を伴っていることがわかってきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいよう‐ふう〔タイヤウ‐〕【太陽風】

太陽のコロナから放出されるプラズマの流れ。速さは秒速320~770キロ。主に電子陽子からなり、地磁気のため地表には到達しない。彗星の尾が太陽の反対側に伸びたり、磁気嵐オーロラなどが起こったりするのはこれが原因。たいようかぜ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

太陽風【たいようふう】

太陽から放射される荷電微粒子流。太陽コロナが太陽の重力場を逃れて流出したもの。ほとんど陽子と電子からなるプラズマ流で,地球近傍に達したときの秒速は数百km,粒子密度は1cm3当り1〜30個。
→関連項目磁気圏電磁流体波

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいようふう【太陽風 solar wind】

高温な太陽コロナが,外方で弱くなっていく太陽の重力場でとらえきれずに流出する現象を太陽風という。地球近傍で粒子密度1~10cm-3程度,温度105K程度のプラズマが秒速数百kmという高速で太陽から吹きつけているのが1960年代の初期の人工衛星により発見され,太陽風と名付けられた。この太陽風は地球近傍で10-4ガウス程度の弱い磁場をもち,その符号が地球に相対的な太陽の回転につれて反転を繰り返すことから,太陽風磁場は図2に示すような2葉または4葉の磁場のセクター構造をもっていることがわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいようふう【太陽風】

太陽から太陽系空間に放出されているプラズマの流れ。主に電子と陽子から成り、速さは毎秒約350~700キロメートル。彗星が太陽の反対側へガスの尾を引くのは太陽風で吹き飛ばされるためである。地磁気のために地球表面には到達しないが、磁気嵐・極光・電離層の乱れなどは太陽風が要因となって起こる。たいようかぜ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽風
たいようふう
solar wind

太陽から流れ出ているプラズマの流れ。200万K(ケルビン)という高温のコロナ中のプラズマ粒子は、高速で運動をしている。コロナのプラズマの主成分の陽子は秒速200キロメートルという速さで動きまわっている。しかし太陽は質量が大きいので、太陽表面からの脱出速度は秒速617.5キロメートルであり、高速の粒子であっても表面近くからは逃げられない。しかし、重力は離れるほど弱くなるので、太陽中心から太陽半径の3~4倍離れたコロナ領域(ここも高温である)では脱出速度を超えるようになり、太陽の引力を振り切って外に流れ出し太陽風となる。活動領域上のコロナは磁力線がループ状に閉じているのでプラズマは流出しにくいが、コロナ・ホールでは磁力線が外に向かって開いており流出しやすい。そこから流出する太陽風は3~4日かかって地球に到達する。地球近傍の太陽風は粒子密度が1立方センチメートル当り1~10個、温度約10万K、秒速300~800キロメ-トルで、10万分の1ガウス程度の弱い磁場を有する。太陽風の影響により、地球は地球磁気圏を形成するし、彗星(すいせい)は長い尾をなびかせる。太陽風はパーカーEugene N. Parker(1927― )が1958年に存在を理論的に予想し、1960年代の初期の人工衛星により発見された。[日江井榮二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の太陽風の言及

【太陽】より

…事実人工衛星からの観測で,地球付近で数百km/sというガスの流れがあることが知られている。これが太陽風である。さらにこの風は間欠的に強くなり,それが,地磁気のじょう乱と同じく,27日の周期である期間繰り返されることが判明している。…

【電離圏あらし(電離圏嵐)】より

…太陽のフレアにともなって放射される太陽宇宙線(おもに高エネルギーの陽子)および高速プラズマ流(太陽風)が,それぞれ平均数時間後および1~2日後に地球に到達し,極域をはじめ世界的規模で電離圏を数日間にわたって激しく乱す現象をいう。電離圏あらしによって電離層伝搬の電波を利用している種々の無線通信が障害を受ける。…

※「太陽風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太陽風の関連キーワードレーベデフ(Pyotr Nikolaevich Lebedev)アントニー ヒューイッシュアポロ月面実験装置フォーブッシュ減少パーカーのモデル地球物理観測衛星コロナ質量放出末端衝撃波面宇宙空間科学宇宙天気予報脈動オーロラSWAN彗星オーロラ爆発コロナホールA. リッコアンチテールヘリオポーズMAVENコーラス波ハロー軌道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太陽風の関連情報