コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンウェイ微量拡散法

1件 の用語解説(コンウェイ微量拡散法の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

コンウェイ微量拡散法

 揮発性の物質を定量する方法で,同心円状に配置された二つのコンパートメントをもつガラスもしくはプラスチックの皿を用いる.例えば,皿のコンパートメントの一方に試料を,もう一方に試料から揮発する物質を捕捉する物質を入れて,密閉状態で試料から物質を揮発,捕捉させ,捕捉した物質量を定量する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンウェイ微量拡散法の関連キーワード酸化還元滴定同心円比濁分析揮発性物質蛍光定量法検量線酵素結合イムノソルベントアッセイ酵素電極シュミット-タンハウザー-シュナイダー法同心円状グルーブキャスト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone