コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンウェイ微量拡散法

栄養・生化学辞典の解説

コンウェイ微量拡散法

 揮発性の物質を定量する方法で,同心円状に配置された二つのコンパートメントをもつガラスもしくはプラスチックの皿を用いる.例えば,皿のコンパートメントの一方に試料を,もう一方に試料から揮発する物質を捕捉する物質を入れて,密閉状態で試料から物質を揮発,捕捉させ,捕捉した物質量を定量する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android