コンウェイ微量拡散法

栄養・生化学辞典「コンウェイ微量拡散法」の解説

コンウェイ微量拡散法

 揮発性の物質を定量する方法で,同心円状に配置された二つのコンパートメントをもつガラスもしくはプラスチックを用いる.例えば,皿のコンパートメントの一方試料を,もう一方に試料から揮発する物質を捉する物質を入れて,密閉状態で試料から物質を揮発,捕捉させ,捕捉した物質量を定量する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android