揮発(読み)キハツ

大辞林 第三版の解説

スル
常温で液体が気体になること。
「揮発油」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) (━する) 常温のもとで、液体が気化すること。また、そういう性質であるさま。蒸発。
※医範提綱(1805)三「蒸気を揮(キ)発し」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「果漿を醸せるを『ワイン』と謂ふ。〈略〉之を蒸餡し、揮発分をとりて製調したるを、火酒類とす」
② 「きはつゆ(揮発油)」の略。
※百鬼園随筆(1933)〈内田百〉百鬼園新装「揮発で拭いても落ちないんですもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の揮発の言及

【蒸発】より

…夏の暑い日に水をまくと涼しくなるのも,蒸発の際に周囲から熱を奪うためである。なお,常温での急速な蒸発を揮発と呼ぶこともある。【小野 嘉之】
[化学工学における蒸発]
 化学プロセスを構成する単位操作の一つとしての蒸発は,混合溶液(固体を含んでもよい)から溶剤を蒸発させ,溶質を濃縮,あるいは結晶析出させる操作である。…

※「揮発」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

揮発の関連情報