コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揮発 キハツ

デジタル大辞泉の解説

き‐はつ【揮発】

[名](スル)
液体が、常温で気体となって発散すること。「ベンジンが揮発する」
揮発油」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きはつ【揮発】

( 名 ) スル
常温で液体が気体になること。
「揮発油」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の揮発の言及

【蒸発】より

…夏の暑い日に水をまくと涼しくなるのも,蒸発の際に周囲から熱を奪うためである。なお,常温での急速な蒸発を揮発と呼ぶこともある。【小野 嘉之】
[化学工学における蒸発]
 化学プロセスを構成する単位操作の一つとしての蒸発は,混合溶液(固体を含んでもよい)から溶剤を蒸発させ,溶質を濃縮,あるいは結晶析出させる操作である。…

※「揮発」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

揮発の関連キーワード国税犯則取締法(通告処分)コンウェイ微量拡散法ドライクリーニング不揮発性メモリープロト気成鉱物揮発性脂肪酸メモリーセル揮発性アミンフェルトペン揮発性化合物揮発メモリー微量拡散分析クロロホルム地方道路税揮発性溶剤揮発性成分揮発性物質ボラタイル接触改質法還流冷却器

揮発の関連情報