コンニャクマンナン

栄養・生化学辞典の解説

コンニャクマンナン

 コンニャクの球茎に含まれるヘテログリカンで,β-D-グルコピラノースとβ-D-マンノピラノース(モル比3:2)で構成されるグルコマンナン.水溶性で,水溶液にアルカリを加えて熱すると凝固して食用の「こんにゃく」になる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android