コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球茎 キュウケイ

大辞林 第三版の解説

きゅうけい【球茎】

地下茎の一種。主軸をなす茎の基部がデンプンなどの養分を蓄えて球形に肥大したもの。少数の芽があり、サトイモ・クワイ・グラジオラスなどのように多年草の越冬器官となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

球茎
きゅうけい

地下茎がデンプンなどの養分を貯蔵して球形、卵形、楕円(だえん)体などの形に肥大したもの。サトイモ、グラジオラスなどの地下にでき、地上部が枯れても生き残って越冬器官となり、翌年には発芽して栄養繁殖を行う。塊茎(かいけい)との厳密な区別はできないが、概して軸が垂直でその頂端だけから発芽するなどの特徴がある。一方、鱗茎(りんけい)とも類似し、園芸ではともに球根とよばれるが、鱗茎は葉が多肉であるのに対し、球茎は茎が肥大している。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の球茎の言及

【球根】より

…チューリップ,スイセン,アマリリス,ユリ,ダッチ・アイリスなど。(2)球茎corm 地下の茎が肥大して球状となり,葉が変形した皮に包まれているもの。グラジオラス,クロッカス,フリージア,バビアナなど。…

【地下茎】より

… 地下茎は地面からすぐ下にある場合が多いが,スギナやハスなどのようにかなり深く地中を横走することもあり,これらの場合通気腔が発達している。地下茎はその形状から,横にはうものを根茎rhizome,塊状,球状のものを塊茎tuber,球茎corm,鱗片葉がつくものを鱗茎bulbなどという。シダ類のワラビやウラジロの地下茎は地中を長くはい,枝分れし,典型的な根茎であるが,斜上したり短く直立する根茎もある。…

※「球茎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

球茎の関連キーワードテンナンショウ(天南星)クキセンチュウ(茎線虫)コケイラン(小蕙蘭)シマテンナンショウアサヒラン(旭蘭)シュンラン(春蘭)コンニャク(蒟蒻)コンニャクマンナンカンラン(寒蘭)サトイモ(里芋)シラン(紫蘭)コンニャクイモカラスビシャクムカゴサイシンスタンホペアクモキリソウヒトツボクロガンゼキランガンセキランオンシジウム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

球茎の関連情報