球茎(読み)きゅうけい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

球茎
きゅうけい

地下茎がデンプンなどの養分を貯蔵して球形、卵形、楕円(だえん)体などの形に肥大したもの。サトイモ、グラジオラスなどの地下にでき、地上部が枯れても生き残って越冬器官となり、翌年には発芽して栄養繁殖を行う。塊茎(かいけい)との厳密な区別はできないが、概して軸が垂直でその頂端だけから発芽するなどの特徴がある。一方、鱗茎(りんけい)とも類似し、園芸ではともに球根とよばれるが、鱗茎は葉が多肉であるのに対し、球茎は茎が肥大している。

[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐けい キウ‥【球茎】

〘名〙 植物の地下茎の形態の一種。主軸の茎の基部にでんぷんなど多量の養分を貯え、球形で肉質になったもの。サトイモ、クワイなどにみられ、多くは球茎の上端から芽を出して新球茎をつくる。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の球茎の言及

【球根】より

…チューリップ,スイセン,アマリリス,ユリ,ダッチ・アイリスなど。(2)球茎corm 地下の茎が肥大して球状となり,葉が変形した皮に包まれているもの。グラジオラス,クロッカス,フリージア,バビアナなど。…

【地下茎】より

… 地下茎は地面からすぐ下にある場合が多いが,スギナやハスなどのようにかなり深く地中を横走することもあり,これらの場合通気腔が発達している。地下茎はその形状から,横にはうものを根茎rhizome,塊状,球状のものを塊茎tuber,球茎corm,鱗片葉がつくものを鱗茎bulbなどという。シダ類のワラビやウラジロの地下茎は地中を長くはい,枝分れし,典型的な根茎であるが,斜上したり短く直立する根茎もある。…

※「球茎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android