コンパクトカメラ(英語表記)compact camera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンパクトカメラ
compact camera

本体を小型軽量化し,機構,使用方法も簡易化した小型カメラ総称。最も普及したカメラ。撮影画面は 35ミリ判カメラのフルサイズ(36mm×24mm),もしくはハーフサイズ(18mm×24mm)で,レンズは固定式,シャッターレンズシャッター。多くは自動露出機構(→AE)をもつ。今日では小型でレンズ固定式のデジタルカメラコンパクトデジタルカメラと呼び,単にコンパクトカメラというと,コンパクトデジタルカメラをさすことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンパクト‐カメラ(compact camera)

35ミリ全判(画面24×36ミリ)で、通常のカメラより小型のもの。現在は一眼レフでない35ミリカメラをさしていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android