コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンパクトカメラ コンパクトカメラcompact camera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンパクトカメラ
compact camera

本体を小型軽量化し,機構,使用方法も簡易化した小型カメラの総称。最も普及したカメラ。撮影画面は 35ミリ判カメラのフルサイズ(36mm×24mm),もしくはハーフサイズ(18mm×24mm)で,レンズは固定式,シャッターレンズシャッター。多くは自動露出機構(→AE)をもつ。今日では小型でレンズ固定式のデジタルカメラコンパクトデジタルカメラと呼び,単にコンパクトカメラというと,コンパクトデジタルカメラをさすことが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンパクト‐カメラ(compact camera)

35ミリ全判(画面24×36ミリ)で、通常のカメラより小型のもの。現在は一眼レフでない35ミリカメラをさしていう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

コンパクトカメラの関連キーワード35mmフィルムカメラIXY DIGITALAntiミラーレス一眼カメラレンズスタイルカメラAVCHD Liteコンバージョンレンズ35ミリフィルム換算ファインダー視野率ダイナミックフォトSDメモリーカードオートフォーカスコントラストAFマルチプログラム35ミリフィルム電子式シャッターCAMEDIA使い切りカメラMAESTROパノラマカメラ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンパクトカメラの関連情報