コンパクトフラッシュ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンパクトフラッシュ

米サンディスク社が開発したカード型の記憶媒体規格CFカードともいう。デジタルカメラなどの記憶メディアとして利用される。サイズは42×36ミリで、厚さ3.3ミリのType Iと、厚さ5ミリのType IIがある。フラッシュ型のメモリーカードの中では大型のため、大容量なのが特徴で、256MBから64GBまで多くの製品がある。主にデジタル一眼レフカメラの記憶メディアとして利用される。記録した画像をパソコンで読み込むには、専用カードリーダーPCカードスロットに挿入するためのアダプターが必要。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

コンパクトフラッシュ【CompactFlash】

メモリーカードの規格のひとつ。1994年、サンディスクが開発。フラッシュメモリーや超小型のハードディスクを内蔵し、電気的に記憶内容の書き換えが可能。比較的、他のメモリーカードに比べサイズが大きく、デジタル一眼レフカメラやPDAなどに用いられる。◇「CF」「CFカード」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報