コンピュータ組版(読み)コンピュータくみはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コンピュータ組版」の解説

コンピュータ組版
コンピュータくみはん

印刷の製版工程で,電算写植システムを導入して行う組版。文字をコンピュータに入力できるようにコード化して鑽孔テープをつくり,このテープからコンピュータにインプットして,印字されたフィルムをアウトプットする。文字の発生方式には,光学式のものと電子式のものがある。前者にはイメージマスターがドラム状のものとディスク状のものがあり,採字によりフィルム上に投影する。後者にはドットに分解したデジタル符号を磁気ドラム磁気ディスクに記憶させておく方式と文字マトリックスをネガパターンから CRT表示装置にフライング・スポットしてスキャニングする方式がある。最近はパソコンのソフトウエアの発達で DTP (Desk Top Pubrishing〈卓上印刷〉) が一般的になってきている。パソコン上で原稿作成やレイアウトなどの編集作業を行い,レーザープリンタなどを使って印刷し,一般の印刷物に変らないレベルの出力が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android