コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンフリクト解消 コンフリクトかいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンフリクト解消
コンフリクトかいしょう

企業文化の一つの行動様式で,異質な部門同士の利害対立関係を「分化」と「統合」の方向へ導くこと。今日のように複雑で多様なニーズを持つ市場に対処するためには,異質で多様な部門を一つの組織の中に持たねばならない。結果として異質な部門同士の利害関係は複雑な対立関係を生み,企業内には部門間で「違った動物」といわれるような人々が活動することになる。このような組織内コンフリクトは組織の「分化」の力を生む。それに対する「統合」の力を生み出す方法は,規則,階層,計画,プロジェクトチーム,ブランド・マネジャー,マトリックス組織などのハードウエア面での統合が考えられてきたが,企業文化を通じたソフトウエア面での統合がコンフリクト解消の方法として有効である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コンフリクト解消の関連キーワードPM理論

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンフリクト解消の関連情報