コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンボリューショナル球 コンボリューショナルきゅうconvolutional ball

岩石学辞典の解説

コンボリューショナル球

コンボリュート層理の溝部に見られる葉理をもつ堆積物が巻いて球形に近い塊となったもの[Haaf : 1956].英語のconvolutionは,くるくる巻いた状態あるいは巻くこと.巻き込み構造(roll-up structure)[Dott & Howard : 1962].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone