コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉理 ようりlamina

翻訳|lamina

6件 の用語解説(葉理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉理
ようり
lamina

ラミナともいう。単層内部の構造で,粒子などの配列状態によって生じた面状の組織。堆積岩の縦断面にみられる縞状の構造を層理といい,同一堆積条件の継続する間に生成した,上下限の層理にはさまれる堆積物を整層する堆積岩の最小単位とし,それを単層という。その単層は同等の粒度をもつ粒子が配列した薄い層の積重なりから成っていて,この単層を構成する薄い層を葉層という。葉層は層理と平行する場合も斜交する場合もあり,このような葉層の示す単層内部の構造を葉理といっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐り〔エフ‐〕【葉理】

葉層の断面にみられる縞模様。堆積物(たいせきぶつ)を構成する粒子の大小・配列・色の違いなどで生じる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

葉理【ようり】

ラミナとも。地層に見られる縞(しま)模様(成層構造)の一種。単層の内部で粒度の異なる粒子が層をなして重なり,断面において線状に配列する構造。またはそのような成層構造をつくる1枚1枚の層(葉層)のこと。
→関連項目クロスラミナ層理地層

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

葉理

lamination: 異なった粒または組成などの平行な帯または葉層(lamina)が存在する岩石の構造.葉理は葉層が示す層理で,地層の中で1cm以下の層状のもの.
lamina: →葉層

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようり【葉理】

葉層の断面が示す縞目。平行または斜交する。構成物質の粒径・組成などから堆積環境を推定できる。 → 偽層

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉理
ようり

堆積(たいせき)物中で、他の地層と色、構成粒子、粒径などの違いで識別される地層の最小単位で、厚さ1センチメートル以下のものをラミナlamina(葉層)とよび、ラミナをつくる層状の配列を葉理とよぶ。なお、1センチメートル以上の厚さのものは単層とよばれ、単層をつくる層状の配列を層理とよんで区別する。ラミナは1ミリメートル程度の厚さのものがもっとも多く、葉理に沿って割れやすいことが多い。一般的な層理面と斜交する地層をクロスラミナcross lamina、その配列を斜交葉理とよび、平行なものを平行ラミナ、平行葉理とよぶ。代表的なものとして、泥岩中の細粒砂岩のラミナや、両者がリズミカルに薄互層するラミナイトlaminiteがあげられる。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の葉理の言及

【ラミナ】より

…地層を構成する最小の単位をなす面で,葉理ともいう。ラミナは,岩石を構成する粒子の大きさやその性質の違い,またはその配列状態の変化によって生ずるもので,物質的には変化する場合としない場合とがある。…

※「葉理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葉理の関連情報