コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーカンド汗国 コーカンドかんこく

大辞林 第三版の解説

コーカンドかんこく【コーカンド汗国】

一八世紀初め、中央アジアのフェルガナ地方にウズベク族が建てたイスラム教国。都はコーカンド。一九世紀前半に最盛期を迎えたが、1876年ロシアに併合された。ホーカンド汗国。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報