コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コートランド岩 コートランドがんcortlandtite

岩石学辞典の解説

コートランド岩

最初にコーエンがハドソナイト(hudsonite)と命名した岩石で[Cohen : 1885],その後ウィリアムズが角閃石と橄欖(かんらん)石を主成分とする橄欖岩と定義してコートランド岩と再命名した[Williams : 1886].橄欖石,ハイパーシン,オージャイトなどをポイキリティックに含む大きな角閃石の結晶を持つ橄欖岩である.米国ニューヨーク州のコートランド(Cortlandt)に由来する.角閃橄欖岩という訳がある[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android