コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィリアムズ ウィリアムズWilliams, Andy

41件 の用語解説(ウィリアムズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィリアムズ
Williams, Andy

[生]1927.12.3. アイオワウォールレーク
[没]2012.9.25. ミズーリ,ブランソン
アメリカ合衆国のポピュラー歌手。少年時代から 3人の兄とボーカルグループを組み,1953年に独立。『バタフライButterfly(1957)をはじめヒット曲は数多く,1962年からの主演テレビ番組も好評を博した。

ウィリアムズ
Williams, Bert (Egbert Austin)

[生]1876頃.バハマ諸島ニュープロビデンス
[没]1922.3.4. ニューヨーク
アメリカの黒人コメディアンミンストレル・ショーを経て 1895年同じく黒人の G.ウォーカーと組んで,各地でボードビルを上演。 1909年ジーグフェルド・フォーリーズに加わり,多くのミュージカルレビューに出演。

ウィリアムズ
Williams, Bransby(Bransby William Pharez)

[生]1870
[没]1961
イギリスのミュージック・ホールの芸人。シェークスピアディケンズ作中人物の寸描や,有名人の物まねを演じて人気があった。

ウィリアムズ
Williams, Channing Moore

[生]1829.7.18. バージニア
[没]1910.12.2.
アメリカ聖公会の宣教師。初め中国に派遣され,リギンズとともに上海に渡った (1856) 。次いで日本に転任,長崎に上陸して (56) 禁教令下にある日本への布教を開始した。日本,中国の伝道主教 (66) ,日本専任の主教 (74) となり,さらに英米の宣教協会の協力による日本聖公会が組織されるに及びその総会議長となる (87) 。各地に教会を建て,立教大学 (74) ,立教女学院 (77) を設立した。主著『教会歴史問答』 (1907) 。

ウィリアムズ
Williams, Charles Walter Stansby

[生]1886.9.20. ロンドン
[没]1945.5.15. オックスフォード
イギリスの文学者。オックスフォード大学講師。詩,小説,評論にわたり多くの著書がある。その着実な学風は T. S.エリオットらに重んじられた。

ウィリアムズ
Williams, Daniel Day

[生]1910.9.12. デンバー
[没]1973.12.3. ニューヨーク
アメリカの会衆派神学者。デンバー大学 (1931) ,シカゴ大学 (33) ,シカゴ神学大学 (34) ,コロンビア大学 (41) に学ぶ。会衆派牧師 (36~38) ,コロラドカレッジチャプレン,宗教学講師 (38~39) を経て,シカゴ神学大学教授およびシカゴ大学神学部教授となる (39~54) 。のちユニオン神学大学組織神学教授 (54) 。 A.N.ホワイトヘッドの影響を受け,特にシカゴを中心としてチャールス・ハーツホーンの指導のもとに展開されたアメリカにおけるプロセス神学の流れをくむ代表的な神学者の一人である。著書"God's Grace and Man's Hope" (49) ,"What Present-Day Theologians are Thinking" (52) ,"The Spirit and the Forms of Love" (68) 。

ウィリアムズ
Williams, Emlyn

[生]1905.11.26. ウェールズ,モスティン
[没]1987.9.25. ロンドン
イギリスの俳優,演出家,劇作家。『夜は必ず来る』 Night Must Fall (1935) によって,作家ならびに演出家として成功。俳優としては『以尺報尺』のアンジェロ (37) ,『わが命つきるとも』のトマス・モアを演じた。 1951年ディケンズの作品や書簡から構成したワンマンショーをもって世界各国を巡演。 55年には D.トマスの作品について同様の公演を行う。代表作には自伝的な『小麦は緑』 The Corn Is Green (38) がある。

ウィリアムズ
Williams, Eric

[生]1911.9.25. トリニダード島
[没]1981.3.29. ポートオブスペイン
トリニダード・トバゴの政治家。オックスフォード大学卒業後,1939~48年ワシントン州ハワード大学で社会・政治学を講義。 56年人民民族運動党を創立し,党首となった。同年イギリスから条件付き自治権を得たトリニダード・トバゴの首相に就任し,62年独立以後も首相として進歩的政策を推進。経済企画相 (1967) ,外相 (73) ,蔵相 (75) も兼務。首相在職のまま死去。学者としても著名で,『資本主義と奴隷』 Capitalism and Slavery (44) など多数の著書がある。

ウィリアムズ
Williams, Garth

[生]1912.4.16. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]1996.5.8. メキシコ,グアナフアト
アメリカの絵本作家。7歳のときイギリスに渡り,のちアメリカに帰る。ロンドンのウェストミンスター美術学校,王立美術学校で絵画,彫刻を学ぶ。婦人雑誌の美術担当編集者となり,のちに挿絵,絵本の仕事に携わる。代表作『白いうさぎと黒いうさぎ』 The Rabbits' Wedding (1958) は,ウサギのふっくらとした毛や表情豊かな目まで細かに写実的に表現している。

ウィリアムズ
Williams, George

[生]1821.10.11.
[没]1905.11.6.
イギリスの YMCA創立者。ロンドンの織物商の店員となり,店員仲間を集めて祈祷会を開く。ここから,「織物商その他の商業に従事する青年のための救霊会」を組織し,これを「キリスト教青年会Young Men's Christian Associationと名づけた。その織物商の後継者となる一方,YMCAの育成に努めた。パリの第1回世界大会 (1855) ,ベルリン大会 (84) を経て,創立 50周年記念会がロンドンで開かれたとき,その功績によりナイトに叙せられた。

ウィリアムズ
Williams, Oscar

[生]1900.12.29. ニューヨーク
[没]1964.10.10. ニューヨーク
アメリカの詩人,詩集編者。高等学校中退後,長く広告業にたずさわっていたが,その後職を辞して詩作に専念,都会の混沌と不安を主題にした詩を多く書いた。またアメリカの最もすぐれた詩集編者の一人として,多くの詞華集を出版した。主著『金色の暗闇』 The Golden Darkness (1921) ,『近づいてくる人』 The Man Coming Toward You (40) ,『詩選』 Selected Poems (47) 。

ウィリアムズ
Williams, Raymond Henry

[生]1921
[没]1988.1.26.
イギリスの批評家。進歩的立場をとる。ケンブリッジ大学演劇学教授。『劇-イプセンからエリオットまで』 Drama from Ibsen to Eliot (1952) ,『文化と社会』 Culture and Society (58) ,『現代の悲劇』 Modern Tragedy (66) などの著書がある。

ウィリアムズ
Williams, Roger

[生]1603? ロンドン
[没]1683. ロードアイランド,プロビデンス
アメリカ植民地時代初期の政治家,宗教家。ケンブリッジ大学卒業後,清教徒の影響を受け,1631年マサチューセッツに移住,セーレムの牧師となった。しかし清教徒神政政治を否定する民主主義思想のためマサチューセッツを追放され,36年ロードアイランドに逃れてプロビデンス植民地を開き,マサチューセッツから逃亡した人々がつくった周辺諸タウンとともにロードアイランド植民地を形成した。 43年渡英,翌年正式の認可を得,みずから最初の総督となった。ロードアイランドは各宗派に対する寛容さのため,宗教的被圧迫者の避難所となった。彼は活発な伝道者であり,先住民族インディアンの権利の数少い擁護者の一人として有名。『コットン氏の最近の書簡を検討し,それに答える』 Mr. Cotton's Letter Lately Printed,Examined and Answered (1644) ,『血なまぐさき迫害の教え』 The Bloody Tenet of Persecution (44) などの著作がある。

ウィリアムズ
Williams, Samuel Wells

[生]1812.9.22. ニューヨーク,ユーティカ
[没]1884.2.16. コネティカット,ニューヘーブン
アメリカの宣教師。中国学者。 1833年,アメリカの海外宣教団の一員として広東におもむき,印刷,出版事業に従事するかたわら,初期の困難な宣教活動を行い,中国語,日本語を学ぶ。天保8 (1837) 年,『モリソン』号 (→モリソン号事件 ) に乗船して浦賀に来航,次いで嘉永6 (53) 年,M.ペリーの通訳として再び来日。広東では月刊『中国叢報』 Chinese Repositoryの編集にあたり,また,56年から駐清アメリカ公使館書記官。次いで代理公使をしばしばつとめ,76年退官。この間『中国総論』 The Middle Kingdom (2巻,48) を著わし,帰国後エール大学教授として中国語,中国文学を講じた。『創世記』『マタイによる福音書』の日本語訳がある。また,子 F.W.ウィリアムズの編集した"A journal of the Perry expedition to Japan" (1910) が『ペリー日本遠征随行記』として『新異国叢書』に収められている。

ウィリアムズ
Williams, Tennessee

[生]1911.3.26. ミシシッピ,コロンバス
[没]1983.2.25. ニューヨーク
アメリカの劇作家。本名 Thomas Lanier Williams。ミズーリ大学,ワシントン大学を中退後,1938年アイオワ大学卒業。この間いくつかの一幕劇,詩,短編小説を書いた。最初の多幕劇『天使の戦い』 Battle of Angels (1940) は失敗したが,ハリウッドでシナリオライターをしながら書いた『ガラスの動物園』 The Glass Menagerie (44) がシカゴで上演され,大成功を収めた。次作『欲望という名の電車』A Streetcar Named Desire (47) でピュリッツァー賞を受賞,第2次世界大戦後アメリカ演劇界を代表する一人となった。その後『夏と煙』 Summer and Smoke (48) ,『ばらの刺青』 The Rose Tattoo (50) ,『カミノ・リアル』 Camino Real (53) を経て『やけたトタン屋根の上の猫』 Cat on a Hot Tin Roof (55) で再びピュリッツァー賞を得,『地獄のオルフェウス』 Orpheus Descending (57) ,『去年の夏突然に』 Suddenly,Last Summer (58) ,『青春の甘い鳥』 Sweet Bird of Youth (59) と絶望的な世界観の深まりをみせ,孤独な詩人肌の主人公の悲惨な破滅を描いた。その後『適応期間』 Period of Adjustment (60) ,『イグアナの夜』 The Night of the Iguana (62) ,『牛乳列車はもう止らない』 The Milk Train Doesn't Stop Here Anymore (63) などを発表。ほかに一幕劇集,詩集,短編小説集,長編小説1編がある。

ウィリアムズ
Williams, William

[生]1731.4.8. マサチューセッツ,フラミンガム
[没]1811.8.2. ニューヨーク,ユティカ
アメリカの実業家,政治家。独立宣言署名者の一人。大陸会議へのコネティカット代表 (1776~78,83~84) として連合規約の作成に貢献。また独立戦争を財政的に援助した。

ウィリアムズ
Williams, William Carlos

[生]1883.9.17. ニュージャージーラザフォード
[没]1963.3.4. ニュージャージー,ラザフォード
アメリカの詩人。ペンシルバニア大学を卒業してドイツへ留学後,死ぬまで故郷で医師として暮した。『詩集』 Poems (1909) はイマジズムの影響が濃いが,『すっぱい葡萄』 Sour Grapes (21) で表現主義的傾向を示し,独自の世界を開いた。多くの詩集があるが,生れ故郷を主題にした『パターソン』 Paterson (5巻,46~58) は特に有名。冷徹な観察による視覚的で簡潔なイメージを用い,口語を駆使してアメリカを歌った詩が多く,現代詩の先駆者の一人となった。そのほか評論『アメリカの種子のなかに』 In the American Grain (25) ,小説『白いらば』 White Mule (37) ,『金をもうけて』 In the Money (40) ,短編集『農夫の娘たち』 The Farmers' Daughters (61) ,戯曲『恋の夢』A Dream of Love (48刊) ,『自伝』 Autobiography (51) など著書多数。

ウィリアムズ
Williams, Ted

[生]1918.8.30. カリフォルニアサンディエゴ
[没]2002.7.5. フロリダ,インバーネス
アメリカ合衆国のプロ野球選手。フルネーム Theodore Samuel Williams。外野手。マイナーリーグで数シーズンプレーしたのち,1939年ボストンレッドソックス大リーグデビューを果たし,3割2分7厘の好打率で順調なスタートを切った。1941年には打率 4割6厘を記録。これ以降,大リーグで打率 4割を記録した選手は現れていない(2008年現在)。翌 1942年には初の三冠王に輝いたが,シーズン終了後に海軍に入隊。1946年に球界復帰を果たし,翌 1947年に 2度目の三冠を獲得する。しかし 1952~53年には再び兵役につき,パイロットとして朝鮮戦争で戦闘に加わった。最盛期の数年間を兵役に奪われたにもかかわらず,通算本塁打数 521,終身打率 3割4分4厘を記録。1958年には打率 3割2分8厘を記録し,史上最年長の 40歳でアメリカンリーグ首位打者となった。1960年現役を引退。長年にわたりマスコミファンとの間に確執があったことでも知られ,生涯最後の打席で本塁打を放ったときもファンの声援にこたえるのを拒んだ。1966年野球殿堂入りを果たした。

ウィリアムズ
Williams, Robin

[生]1951.7.21. イリノイ,シカゴ
[没]2014.8.11. カリフォルニア,ティブロン
アメリカ合衆国の俳優,コメディアン。フルネーム Robin McLaurim Williams。マリン大学で演技を学んだのち,ジュリアード音楽院に進む。1970年代初めからコメディクラブに出演。1978~82年テレビドラマ『モーク・アンド・ミンディ』Mork & Mindyで一躍人気者となる。『ポパイ』Popeye(1980),『ガープの世界』The World According to Garp(1982)などで映画に進出。『グッドモーニング,ベトナム』Good Morning, Vietnam(1987)で初の大役をつかみ,アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。『いまを生きる』Dead Poets Society(1989),『フィッシャー・キング』The Fisher King(1991),『ミセス・ダウト』Mrs. Doubtfire(1993)などに出演したのち,心理学者を演じた『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』Good Will Hunting(1997)でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。2002年スタンダップコメディ "Robin Williams: Live on Broadway"は大盛況を博した。2011年には戯曲 "Bengal Tiger at the Baghdad Zoo"でブロードウェーデビューを果たした。ほかに,映画『大統領の執事の涙』Lee Daniels' The Butler(2013),コメディ映画 "The Angriest Man in Brooklyn"(2014)など。

ウィリアムズ
Williams, Betty

[生]1943.5.22. 北アイルランドベルファスト
北アイルランドの平和運動家。「ザ・ピース・ピープル」の創始者の1人。プロテスタントの父とカトリックの母の間に生れた平凡な主婦であったが,1976年8月アイルランド共和軍 IRAテロリストが車で逃走中,イギリス人の警官に撃たれたため,車はコントロールを失って数人を轢き,若者1人と子供3人を死亡させた事件を目撃したことをきっかけに,宗派対立による流血闘争の終結を訴えてプロテスタント住民の間で抗議行動を起した。この行動はまもなく,事件の犠牲となって死亡した子供の叔母で,同じく行動を起していた M.コリガン引合せることになり,2人は北アイルランド紛争の犠牲者を支援しカトリック,プロテスタント両派の融和を求める組織「ザ・ピース・ピープル」を設立した。 76年コリガンとともにノーベル平和賞を受賞。 78年組織の指導者の地位から退き,82年結婚してアメリカのフロリダに移った。

ウィリアムズ
Williams, Jody

[生]1950.10.9. バーモント,パトニー
市民運動家で,対人地雷禁止条約の成立を目指した非政府組織 NGO地雷禁止国際キャンペーン」の創設者。ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際関係論大学院 SAISを卒業後,アメリカ合衆国エルサルバドル政策に反対する市民運動に約 10年間従事した。この間,中央アメリカの国々で貧しい人々や子供たちへの医療・教育援助活動を通して,地雷の恐ろしさを実感した。1991年ベトナム戦争退役軍人財団に勤務するとともに,対人地雷禁止を求める「地雷禁止国際キャンペーン」を創設し,途上国で人道援助活動を行なう 55ヵ国以上,約 1000の NGOを結集する国際連合組織に育てた。地雷廃絶を求めて各国政府へも積極的な働きかけを行ない,1997年12月のオタワ会議での対人地雷禁止条約調印を実現させた。1997年「地雷禁止国際キャンペーン」とともにノーベル平和賞(→ノーベル賞)を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィリアムズ(Tennessee Williams)

[1911~1983]米国の劇作家。1945年に「ガラスの動物園」で好評を博し、「欲望という名の電車」でピュリッツァー賞を受賞。他に「熱いトタン屋根の上の猫」など。

ウィリアムズ(Andy Williams)

[1927~2012]米国のポピュラー歌手。3人の兄と結成したコーラスグループでの活動を経て、ソロ歌手として活躍。ヘンリー=マンシーニ作曲による「ムーンリバー」などのヒットで知られる。音楽番組の司会者としても親しまれた。

ウィリアムズ(Theodore Samuel Williams)

[1918~2002]米国のプロ野球選手。ボストンレッドソックスに所属。1941年に打率4割を上回る成績で首位打者となり、同時に本塁打王のタイトルも獲得。以後、首位打者を6度、本塁打王と打点王を4度ずつ獲得し、うち2度は三冠王となった。1949年には84試合連続出塁のメジャーリーグ記録を打ち立てた。背番号9は同チームの永久欠番テッドウィリアムズ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウィリアムズ

米国のポピュラー歌手。1959年に《ハワイの結婚の歌》がヒット,次いで《ムーン・リバー》《酒とバラの日々》などのレコードNBCテレビ《アンディ・ウィリアムズ・ショー》の成功から,人気歌手の一人となった。

ウィリアムズ

トリニダード・トバゴの政治家,歴史学者。オックスフォード大学を卒業後,英国で歴史学者を目指したが,黒人差別によって挫折。米国で学究生活を続け,《資本主義と奴隷制》(1944年)をはじめとする業績をあげる。
→関連項目トリニダード・トバゴ

ウィリアムズ

米国のカントリーミュージック歌手。南部アラバマ州の貧しい農家の生れ。1949年の《ラブ・シックブルース》の大ヒットをはじめ《コールド・コールド・ハート《ジャンバラヤ》などのヒット作がある。

ウィリアムズ

米国のピューリタン指導者。ロンドン生れ。1631年マサチューセッツ植民地に渡ったが,政教分離やインディアンの権利の尊重を唱えたため追放され,プロビデンスの町を建設し,今日のロード・アイランド州のもとになる植民地を開いた。
→関連項目バプティストプロビデンス

ウィリアムズ

米国の劇作家。南部ミシシッピ州に生まれ長い放浪後,《ガラスの動物園》(1944年),《欲望という名の電車》(1947年)で劇作家として確立。アーサーミラーとともに戦後のアメリカ演劇を代表する一人。
→関連項目カザンニューマンボウルズマンキーウィッツロージー

ウィリアムズ

米国の詩人,小説家。父は英国人,母はプエルトリコ出身。開業医を続けながら創作,生活に根ざしたアメリカ独自の詩を大胆な語法で創ろうとした。代表作は長編詩《パタソン》(1946年―1958年)で,20世紀最高の米国叙事詩の一つと称される。
→関連項目ライヒ

ウィリアムズ

アメリカの俳優。シカゴ市出身。父親がフォード社の重役という家庭に育つ。マリン大学で演技を学び,さらにジュリアード音楽院演劇科に学ぶ。俳優としてはスタンドアップ・コメデイアン(独演のいわゆる〈お笑い芸人〉)としてのライブで始まり,1978年から1982年放送のTVシリーズ《モーク・アンド・ミンディ》(ABC)で知名度を上げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ウィリアムズ Williams, Samuel Wells

1812-1884 アメリカの外交官。
1812年9月22日生まれ。宣教師として清(しん)(中国)に滞在中,日本の漂流民に日本語をまなぶ。嘉永(かえい)6年(1853)とその翌年ペリー艦隊の通訳として来日。安政5年再来日し,アメリカのミッション本部に日本への宣教師派遣をうながした。1857年北京(ペキン)のアメリカ公使館書記官となる。エール大教授。1884年2月16日死去。71歳。著作に「ペリー日本遠征随行記」。

ウィリアムズ Williams, Channing Moore

1829-1910 アメリカの宣教師。
1829年7月18日生まれ。日本聖公会初代主教。安政6年(1859)最初のプロテスタント宣教師として来日。長崎,大阪で伝道し,明治6年切支丹(キリシタン)禁制がとかれて東京にうつる。20年同会の組織を確立。大阪英和学舎,立教女学院,立教学校(のちの立大)などをつくった。41年帰国。1910年12月2日死去。81歳。バージニア神学校卒。
【格言など】道ヲ伝ヘテ己ヲ伝ヘズ(京都市若王子の記念碑)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ウィリアムズ

没年:1910.12.2(1910.12.2)
生年:1829.7.18
米国聖公会宣教師,初代江戸伝道主教,立教大学の創立者。3年間の中国開拓伝道後,安政6(1859)年長崎に渡来。日本本土に上陸した新教最初の遣日宣教師。明治41(1908)年帰国。慶応1(1865)年の潜伏キリシタン発見前から明治6(1873)年のキリシタン禁制の高札撤去後まで,国内外に禁教令撤廃運動を執拗に展開。特に滞米中の慶応2年11月には,ワシントンで大統領と国務長官と直接会見し外交圧力を促す。破邪僧は幕末に彼を「博識ヲモテ鳴ル」と評し,太政官が派遣した諜者は明治初期に彼を「和漢ノ語ニ通シ。其智力。根機力。抜群ノ教師也」と賛嘆,殉教覚悟の「其志金石ノ如シ」と畏怖した。 幕末の長崎時代後,大阪,東京に,それぞれ大阪英和学舎,立教学校(立教大学)を設け,首都中心のミッション拠点から波状伝道網を確立し,同派英国系2ミッションとの協調を模索。統一邦語祈祷書は彼の邦訳が基礎となり,懸案の邦人教会組織の法憲法規問題では英国の39カ条を削除,のち全聖公会綱憲となるシカゴ・ランベス4綱領と同内容の条項を独自に別途作成編入し(定説のビカステス,E.は誤り),明治20年の日本聖公会組織成立に貢献した。主教辞任後は自ら一宣教師となり,老体に鞭打つ寒冷地伝道で京都地方を開拓。列車の3等席しか乗らない理由を4等席がないからと邦人にはユーモアで応答したが,宣教師には一般庶民への伝道手段を強調。粗衣粗食無宿,質素倹約,無邪気に幼児と戯れ,自己犠牲,善行を隠す奇行は教界を越えて中世的聖人として崇敬され,その忍耐,祈り,知恵は教派を超え困難な日本伝道の盤石となった。京都聖ヨハネ教会(重要文化財)など無数の教会建築に匿名で私財投与,帰国時には精神肉体とも使い果たしていた。郷里ヴァージニアで永眠。京都市と郷里に建てられた追慕碑には「在日五十年,道ヲ伝ヘテ己ヲ伝ヘズ」と記されている。立教大学新座書庫に「ウィリアムズ書簡」がある。

(大江満)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィリアムズ【Eric Williams】

1911‐81
トリニダード・トバゴの政治家,歴史学者。1935年オックスフォード大学を卒業後,イギリスで歴史学者を目ざしたが,黒人差別によってその道を閉ざされた。39年アメリカのハワード大学で助教授の地位を得て,48年までそこで学究生活をつづけ,その間古典的名著といわれる《資本主義と奴隷制》(1944)をはじめ多くの業績をあげ,社会経済史学派の立場から黒人奴隷制にかんする〈ウィリアムズ・テーゼ〉を確立した。49年トリニダード・トバゴに帰国後独立運動に入り,56年PNM(人民の国民運動)を結成し,首相に選ばれた。

ウィリアムズ【Hank Williams】

1923‐53
アメリカのカントリー・ミュージック史上最大の歌手。アラバマ州の貧しい農家に生まれ,14歳のころからバンドをつくって劇場に出たりラジオ番組を持つようになる。1947年MGMレコード社からレコードを出し始めて全国的な人気を獲得,49年にはカントリー界最高のひのき舞台グランド・オール・オープリーに出演し,《ラブ・シック・ブルース》が大ヒットとなって人気は頂点に達した。続いて自作の《コールド・コールド・ハート》《ジャンバラヤ》などがヒットし,自身の人気を高めただけでなく,カントリー音楽の普及にも寄与した。

ウィリアムズ【Roger Williams】

1603ころ‐83
植民地時代アメリカのピューリタン指導者,開拓者。ロンドン生れ。ケンブリッジ大学卒業後1631年渡米。マサチューセッツの神政政治に反対して追放され,原住民に譲られた土地に政教分離,信仰の自由に基づく植民地(今のロード・アイランド州)を建設。その存立を守るためピューリタン革命期に2回渡英。神学以外に北アメリカ原住民の言語に関する著書もあり,自由の闘士として名高い。【久保田 泰夫】

ウィリアムズ【Tennessee Williams】

1911‐83
アメリカの劇作家。本名Thomas Lanier Williams。南部,ミシシッピ州に生まれ,不安な青春の中で詩,劇,小説を書き続け,ハリウッドシナリオを書きながら完成した《ガラスの動物園》(1944)が最初に成功した。南部育ちで昔の夢を追う母,足が悪く極度に内気な姉,文学青年の弟,の一家を描いた抒情的な追憶の劇である。次の《欲望という名の電車》(1947)は,アーサー・ミラーの《セールスマンの死》とともに,戦後アメリカ演劇を代表する傑作とされた。

ウィリアムズ【William Carlos Williams】

1883‐1963
アメリカの詩人。小児科の開業医だったが,そのかたわら詩,小説,戯曲,評論の各分野に筆を染め,数多くの作品を残した。ニュージャージー州のラザフォードに生まれ,終生そこを生活の基盤として,アメリカの土着のものを題材に,アメリカの日常のことばを使って書いた。同世代のエズラパウンドやT.S.エリオットがヨーロッパの伝統と文化を求めてアメリカを離れたのと対照的な立場に立つ。したがって1920‐30年代に支配的だったエリオットの勢威が衰えるにつれて評価は高まり,50年代以降後続の世代の詩人に対する影響力は圧倒的なものとなった。

ウィリアムズ【Channing Moore Williams】

1829‐1910
アメリカの聖公会宣教師。バージニア州リッチモンド出身。ウィリアム・アンド・メリー大学,バージニア神学校に学び,卒業後宣教師として中国に渡り,1859年(安政6)日本開国とともに来日。69年(明治2)大阪に移り,川口居留地に最初の教会を建立。キリスト教禁制が解けた73年最初の主教として東京に移住し,87年英国国教会ビカステスとともに最初の総会を大阪に招集して日本聖公会の組織を確立した。アメリカの高等教育の日本への移植をはかり,1874年,築地に立教大学の前身である私塾を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウィリアムズ【Williams】

〔Channing Moore W.〕 (1829~1910) アメリカのプロテスタント宣教師。中国伝道ののち、日本聖公会最初の主教として活躍。多くの教会のほか、立教大学・立教女学院を創立した。
〔George W.〕 (1821~1905) イギリスの YMCA の創立者。もとロンドンの服地商で、そこでの祈禱きとう会が発展して YMCA 運動となった。
〔Tennessee W.〕 (1911~1983) アメリカの劇作家。人間のもつ弱さに起因するさまざまな葛藤かつとうと悲劇を描く。代表作「ガラスの動物園」「欲望という名の電車」「焼けたトタン屋根の上の猫」
〔William Carlos W.〕 (1883~1963) アメリカの詩人。アメリカ固有の文化伝統を強く意識した、土着的な、かつ技巧的にもすぐれた詩を多く残した。代表作、長編詩「パターソン」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のウィリアムズの言及

【トリニダード・トバゴ】より

…政党は人民民族運動,国家再建連合,統一国家会議など。このうち人民民族運動は著名な歴史学者であるE.ウィリアムズが1956年に結成した政党で,56年以来政権を担当してきたが,86年の総選挙で国家再建連合に敗れた。同党は83年に四つの野党が連合してできたものである。…

【カントリー・ミュージック】より

…そのため第2次世界大戦前後の愛国心の高揚期に,カントリー音楽は最盛期を迎える。戦後は,アラバマ州出身のH.ウィリアムズが,悲哀に満ちた美しい声で全国的な人気を博したが,53年に彼が死亡したあと,ロックフォーク・ソングの隆盛に押されがちとなった。60年代以降,ロックやフォークとの中間的なスタイルが生み出されたり,ヒッピー風のカントリー歌手ネルソンWillie Nelsonが現れたりして,形を変えながら現代に至っている。…

【バプティスト】より

…教会政治は各個教会の独立自治にもとづき,政教分離を主張するのが特色。17世紀の初め英国国教会に迫害されてアムステルダムに逃れたJ.スミスによって創立され,アメリカにはピューリタンの一人R.ウィリアムズによって最初の教会がロード・アイランドに設立された(1639)。17世紀にはフロンティアの西漸につれて中西部と南部への伝道に力を注ぎ,現在はアメリカ最大の教派となっている。…

【アメリカ演劇】より

…今日のミュージカルの芸術的価値については疑問があるが,大衆的ジャンルとしてとりわけ商業演劇においては大きな位置を占めている。 文学的戯曲の系譜では,第2次大戦後間もなく地位を確立させたT.ウィリアムズとA.ミラーが重要である。2人の作風は対照的で,前者がおおむねアメリカ南部を舞台にして個人の病的心理を描くのに対して,後者は個人を社会構造の中でとらえようとする。…

【欲望という名の電車】より

…アメリカの劇作家T.ウィリアムズの代表作。1947年初演。…

【イマジズム】より

…この運動が終わったあとも,イマジズムの原理はさまざまな形で現代詩に生きつづけた。説明的な叙述でなしにイメージの連鎖で書くパウンドの大作《詩篇》やエリオットの《荒地》もその延長であるし,またアメリカの話し言葉のリズムを生かしたW.C.ウィリアムズの自由詩も,イマジズムに触発されなければ生まれなかっただろう。【新倉 俊一】。…

【アングリカン・チャーチ】より

… イギリス国民の海外進出とともに始まるアングリカン・チャーチの海外伝道は福音宣教協会(Society for the Propagation of the Gospel in foreign parts,略称SPG)と教会宣教協会(Church Missionary Society,略称CMS)によって進められ,オックスフォード運動以後は,前者がアングロ・カトリック主義を,後者が低教会派の福音主義を標榜して世界各地で伝道に努めた。日本では1859年アメリカ聖公会のC.M.ウィリアムズとリギンズJohn Ligginsが最初の宣教師として伝道を開始し,CMSが69年,SPGがその4年後に最初の宣教師を送り込んだ。3派の宣教師は87年に大阪で最初の総会を開き,日本聖公会をアングリカン・チャーチの1管区として組織して今日に至っている。…

【立教大学】より

…学校法人立教学院が経営し,同学院にはほかに小学校,中学校,高等学校がある。1874年,東京築地の居留地にアメリカの聖公会主教C.M.ウィリアムズが開いた聖パウロ学校という英語私塾を起源とする。1907年文科,商科をもつ専門学校として認可され,18年現所在地に移転した。…

※「ウィリアムズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィリアムズの関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィリアムズの関連情報