コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オージャイト augite

翻訳|augite

世界大百科事典 第2版の解説

オージャイト【augite】

Caに富む単斜輝石の一種で火成岩のもっとも普通な有色鉱物。〈普通輝石〉ともいう。主要化学組成は(Ca,Mg,Fe2+)2Si2O6で,少量のAl,Fe3+,Tiなどを含む。Ca/(Ca+Mg+Fe2+)が45~25%のものをオージャイト,25~15%のものをサブカルシックオージャイト,Mg/Feが1より小さいものはフェロオージャイトおよびサブカルシックフェロオージャイトとよぶ。TiO2を約3~5%含むものはチタンオージャイトという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオージャイトの言及

【輝石】より

…また,ヘデン輝石はスカルンの特徴的鉱物である。 オージャイトaugiteは火成岩に最もふつうに含まれる。オージャイトには常に少量のTi,Al,Fe3+,Cr3+,Naなどが含まれている。…

【輝石】より

…また,ヘデン輝石はスカルンの特徴的鉱物である。 オージャイトaugiteは火成岩に最もふつうに含まれる。オージャイトには常に少量のTi,Al,Fe3+,Cr3+,Naなどが含まれている。…

※「オージャイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オージャイトの関連キーワードサブカルシックフェロオージャイトイントラファシキュレイト組織サブカルシックオージャイトアナルサイト・オージタイトトラップアノーソクレイス玄武岩オージャイトファイアエセックサイト玄武岩サブダイアベイシックシリコフェロライトヴァルンシンゲン岩オージャイト角閃岩エウストラタイトアンデン閃緑岩エジリノライトピクロファイアオージャイト岩アルカリ斑糲岩エルクホーン岩フィアスコネ岩

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android