コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コートールド美術館 コートールドびじゅつかんThe Courtauld Gallery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コートールド美術館
コートールドびじゅつかん
The Courtauld Gallery

イギリスの首都ロンドンのサマセット・ハウス内にある美術館。1931年,絹織物業で財をなした実業家サミュエル・コートールドの援助により,ロンドン大学コートールド美術研究所が設立され,1932~47年コートールドより相次いで印象派(→印象主義),後期印象派の作品が寄贈された。1958年,ロンドンのブルームズベリー地区に大学付属美術館として開館し,1990年サマセット・ハウスに移転した。美術評論家ロジャー・エリオット・フライ,ロバート・ウィット卿,リー・オブ・フェアラム子爵,マーク・ガンビア=パリー,アントアーヌ・サイラーン伯爵などからの作品寄贈が相次ぎ,今日ではルネサンス以降の美術品を幅広く所蔵している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コートールド美術館の関連キーワードゴーギャンマネ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android