コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーリヤ族 コーリヤぞくKoliya

世界大百科事典 第2版の解説

コーリヤぞく【コーリヤ族 Koliya】

インド,ブッダ(仏陀)時代の部族の一つでクシャトリヤ階級に属する。その国家は部族共和制の組織をもっていた。ローヒニー川をはさんでシャーキャ(釈迦)族と隣接し,両部族は婚姻関係によって結ばれていた(ブッダの母のマーヤーMāyā夫人はこの部族出身とされている)。ローヒニー川の水利をめぐる両部族の争いをブッダが仲裁した話は有名。ブッダの死後,コーリヤ族は仏骨の一部を手に入れ,塔を建立したという。【山崎 元一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報