コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水利 スイリ

2件 の用語解説(水利の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐り【水利】

水上運送の便利。「水利のよい地」
田畑の灌漑(かんがい)や飲用・消火などに水を利用すること。「水利事業」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいり【水利】

船による運送の便利。 「 -の便」
水を飲用・工業用・灌漑かんがい用などに利用すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水利の言及

【灌漑】より

…用水量は時期的に変動するもので,とくに代搔き期には一時的に100~200mmくらいの深さの水をためるので,地区内で代搔き時期が重なると多量の用水量となり,年間で最大の用水量時期となることが多い。最大用水量によって送配水施設が設計され,また河川水利権としての申請が必要なことから,一般に代搔き用水量は重要な意味をもつ。用水量は対象地区の調査などから決定されるが,圃場整備や乾田化の進展,栽培法の変化によって変わる性格のものである。…

【治水】より

…なお治水と密接な関連をもつ〈灌漑〉の項をもあわせて参照されたい。
【中国】

[治水と水利]
 水利工事の歴史は,有名なの治水の伝説さえあるほどに,その広大で複雑な地形のもたらす過酷な自然条件を反映して,きわめて悠久な伝統を有する。のちには〈水を制する者は天下を制する〉の言も生まれたように,氾濫する大河への対策,黄土地帯における灌漑と土地改良,南北を結ぶ人工的水路の開削は,国家経済の繁栄にとっても不可避の問題であった。…

【土木技術】より

…なかでも隋の大運河の開削は歴史に名高く,6世紀末から7世紀初にかけて,白河,黄河,淮水,長江,銭塘口の五大水脈を貫き,南東へは通済渠,山陽瀆(とく),江南河を開いて杭州に達し,北東へは永済渠を開いて北京付近まで達する,南北間の交通運輸の大動脈となり,万里の長城と並んで中国史上の二大土木工事に数えられる。水利工事は,禹王治水の伝説もあるように,中国では古くから治政者の重要な課題の一つであった。交通路としての運河開削を含めて,はんらんする大河の防御対策,黄土地帯の灌漑と土地改良など,本格的な水利工事は戦国時代に始まった。…

※「水利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水利の関連キーワード運送人貨物引換証水上往者形勝水陸駄賃転漕便利性合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水利の関連情報