コーン・ウォン(英語表記)khóng wong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーン・ウォン
khóng wong

タイの旋律体鳴楽器。環状ゴングの意。大小2種がある。 (1) コーン・ウォン・ヤイ ヤイは大型の意。直径 125cmの環状の枠に壺型ゴングを 16個,突起部を上に向けて高さの順につるす。中に奏者がすわり,ゴングの突起部を打つ。最低音のゴングは直径 17cm,最高音は 12cmで音域はd前後から約2オクターブ。古くからあり,ピーパット編成ではラナートとともに主旋律を受けもつ。カンボジアではコーン・トムといい,ビルマ (現ミャンマー) のチー・ワイン khy weinはこれを移入したものといわれる。 (2) コーン・ウォン・レク レクは小型の意。 (1) と同じ構造で直径 103cm,ゴングは 18個 (うち2個は使用しない) 。最低音は 13cm,最高音は 9cm,音域はヤイより1オクターブ高く,約2オクターブである。主旋律を重ねて演奏し,16分音符で細かな装飾音を入れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android