コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナート ranat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナート
ranat

タイの旋律打奏楽器。木琴,鉄琴類の総称。いずれもマホリピーパットのアンサンブルで用いられるが,編成の規模によって2種または全種使用する。両手に持った打棒で速いパッセージを打奏するが,両手はユニゾンで演奏され,トレモロはない。 (1) ラナート・エク 基本的なラナート。元来竹製の板片がのちに硬木でも作られるようになる。舟形の共鳴腔の台木に吊す。全長約 121cm,高さ約 48cmで 20~21の板片をもち,d~fくらいの音域をもつ。 (2) ラナート・トゥム 低音ラナート。板片は 17~18でd~gの音域をもち,箱形共鳴箱に吊され,箱の四隅に車つきの足がついている。 (3) ラナート・エク・レク 金属製基本ラナート。ラーマ4世のときに案出され,最初は真鍮製であった板片が鉄やそのほかの合金製となる。板片の数は (1) に同じであるが高域は1オクターブ高い。 (4) ラナート・トゥム・レク (3) より大型で (2) の板片が金属化したもの。音域は (2) に同じ。 (1) 以外はすべて箱形の共鳴箱をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラナート(〈タイ〉ránât)

タイの旋律打楽器。共鳴台の上に木琴のように音板を並べて、桴(ばち)でたたく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラナート
らなーと
rant

タイの鍵盤(けんばん)打楽器の総称。おもにピー・パートなどの古典音楽で用いられ、材質により次の2種に大別できる。(1)木琴 木または竹を鍵盤とするものにラナート・エク(高音域)とラナート・トゥム(低音域)がある。前者は3オクターブ21鍵を舟形の共鳴箱に、後者は17~18鍵を箱形の共鳴箱に吊(つ)るしたもので、ともに2本の桴(ばち)で奏される。(2)鉄琴 19世紀なかばに木琴のラナートを模して鉄琴のラナート・エク・レクとラナート・トゥム・レクがつくられ、新しく合奏に加えられた。レクは「鉄」の意。なお同類の木琴系の楽器は、ミャンマー(ビルマ)のパッタラー、インドネシアのガンバン、サロンなど東南アジアに広く分布している。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラナートの関連キーワードタゴール(Rabindranath Tagore)ジョー(Jr.) フォーハンドマナベーンドラ・N. ローイアナスティグマートカントノゴル寺院ラーマクリシュナビベーカーナンダサンティニケタンコーン・ウォンカンボジア音楽ピー・パート11月10日インド人協会アプラナートナオロジーピーパートスメドレーベンガル語ロネアートインド美術

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラナートの関連情報