コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナート ラナート ranat

3件 の用語解説(ラナートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナート
ラナート
ranat

タイの旋律打奏楽器。木琴,鉄琴類の総称。いずれもマホリピーパットアンサンブルで用いられるが,編成の規模によって2種または全種使用する。両手に持った打棒で速いパッセージを打奏するが,両手はユニゾンで演奏され,トレモロはない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラナート(〈タイ〉ránât)

タイの旋律打楽器。共鳴台の上に木琴のように音板を並べて、桴(ばち)でたたく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラナート
らなーと
rant

タイの鍵盤(けんばん)打楽器の総称。おもにピー・パートなどの古典音楽で用いられ、材質により次の2種に大別できる。(1)木琴 木または竹を鍵盤とするものにラナート・エク(高音域)とラナート・トゥム(低音域)がある。前者は3オクターブ21鍵を舟形の共鳴箱に、後者は17~18鍵を箱形の共鳴箱に吊(つ)るしたもので、ともに2本の桴(ばち)で奏される。(2)鉄琴 19世紀なかばに木琴のラナートを模して鉄琴のラナート・エク・レクとラナート・トゥム・レクがつくられ、新しく合奏に加えられた。レクは「鉄」の意。なお同類の木琴系の楽器は、ミャンマー(ビルマ)のパッタラー、インドネシアのガンバン、サロンなど東南アジアに広く分布している。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラナートの関連キーワード擦弦楽器体鳴楽器トリオソナタコーンウォンジャラタランガピーパートロネアート愛の旋律クリンタン旋律打楽器

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラナートの関連情報