コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーン コーン Cohn, Edwin Joseph

14件 の用語解説(コーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーン
コーン
Cohn, Edwin Joseph

[生]1892.12.17. ニューヨーク
[没]1953.10.1. ボストン
アメリカ生化学者。シカゴ大学コペンハーゲン大学に学び,ハーバード大学医学部で研究を続けた。血漿中のいろいろな蛋白質を分離する方法を創案した。これは「コーン血漿蛋白分画法」といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コーン
コーン
Cohn, Ferdinand Julius

[生]1828.1.24. ブレスラウ(現ポーランドウロツワフ)
[没]1898.6.25. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
ドイツの植物学者。細菌学の基礎をつくった一人。ユダヤ系商人の息子として生れる。ブレスラウ大学に入学するが,人種上の理由で学位が取れないため,ベルリン大学に移って,1847年学位を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コーン
コーン
Cohn, Gustav

[生]1840.12.12. マリエンベルダー(現ポーランド,クビージニ)
[没]1918.9.20. ゲッティンゲン
ドイツの経済学者。新歴史学派の一人。ベルリンイェナ両大学に学び,リガ工業大学教授 (1869~72) 。その後イギリスに渡り,イギリス鉄道史を研究。次いでチューリヒ大学教授 (75~84) を経て,1884年以降ゲッティンゲン大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コーン
コーン
Cohn, Jonas

[生]1869.12.2. ガルリッツ
[没]1947.1.12. バーミンガム
ドイツの哲学者,美学者。フライブルク大学教授。新カント派のなかの西南ドイツ学派に属し,H.リッケルトに近い立場から出発したが,のち新ヘーゲル派の立場に立ち,「批判的弁証法」を主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コーン
コーン
Cone, James H.

[生]1938.8.5. フォーダイス
アメリカの代表的黒人解放の神学者。 10歳のときに黒人教会であるマセドニアン・アフリカン・メソジスト監督教会の会員となり,弱冠 16歳でその牧師となった。ギャレット神学大学で学び,ノースウェスタン大学で K.バルトの人間論に関する論文で博士号を取得 (1963) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コーン
コーン
Kohn, Hans

[生]1891.9.15. プラハ
[没]1971.3.17. フィラデルフィア
チェコスロバキア生れのアメリカの歴史学者,政治学者。第1次世界大戦後アメリカに渡り,スミス大学,プリンストン大学などで教壇に立った。ナショナリズムの研究家として知られ,『ナショナリズム』 Nationalismus (1922) ,『ナショナリズムの思想』 The Idea of Nationalism (51) ,『ナショナリズム-その意味と歴史』 Nationalism: It's Meaning and History (55) など多くの著述がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コーン
コーン
Khon

タイの仮面舞踊劇。宮廷で上演されていた影絵芝居ナン・ヤイから発達したもので,人形遣いが行う動作を模倣したとされる。スクリーン前での上演を特にコーン・ナー・チョといい,その演出形態は今日まで残されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コーン
コーン
Kohn, Walter

[生]1923.3.9. ウィーン
オーストリア生れのアメリカの物理学者。 1948年ハーバード大学で博士号を取得。 50~60年ピッツバーグカーネギー科学技術研究所教授,60~79年カリフォルニア大学サンディエゴ校教授,79年カリフォルニア大学サンタバーバラ校理論物理学部の創設にたずさわり,84年まで理事,84~91年同校物理学部教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コーン(cone)

ソフトアイスクリームなどを盛る円錐形のウエハース。アイスクリームコーン。
スピーカーの円錐形の振動板。多く紙製。

コーン(corn)

トウモロコシ。「コーン味」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コーン【Khon】

インドの大叙事詩ラーマーヤナ》のタイ版《ラーマキエン》を演じるタイの伝統芸術で,仮面舞踊黙劇。もとは屋外でおもに戦争場面を演じたが,国王の庇護の下に舞台芸術として発達した。夜叉軍と猿軍を演ずる者は各役に定まった仮面を,神々や王族を演ずる者は頂のとがった冠をかぶり,タイ式奏楽と弁士の口説や歌唱に符節を合わせ無言で所作し,喜怒哀楽の情もすべて身体の動きで表現する。衣装は豪華けんらん,踊りにはアクロバット的要素も多く,舞台背景には古典画の手法が用いられ,口説および歌詩にはラーイおよびカープ形式の韻文が用いられる。

コーン【Jonas Cohn】

1869‐1947
ドイツの哲学者。フライブルク大学教授をつとめてのちイギリスで没した。新カント学派に属して厳しい心理主義批判を果たし,美学では,これは価値学であり心的現象の事実学ではないとして規範的美学を成立させた。認識論,価値論,文化論の著作があり,後年には世界全体の認識に要する批判的弁証法を説いた。主著に《一般美学》(1901),《認識の前提と目標》(1908),《弁証法の理論》(1923),《価値論》(1932‐33)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コーン【cone】

円錐。
アイス-クリームを入れる円錐形のウエハースの容器。
スピーカーに用いる円錐形の振動板。

コーン【corn】

トウモロコシ。 「 --スープ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーンの関連キーワードNプラハのオルロイコーリャ/愛のプラハプラハ室内管弦楽団プラハテレビタワープラハ・フィルハーモニアプラハマラソンラプラスの継続の法則ラプラスの連続の法則プラハ言語学派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーンの関連情報